ニキビケアと保湿

ニキビケアはゴシゴシ洗いを避けて引き締め効果ある化粧水で保湿

ニキビケアを行う時には皮脂等の汚れ落としを重点に置きすぎてゴシゴシ洗いを行う方が多いです。

 

しかしニキビケアにおいてはゴシゴシ洗いは避けた方が良いと言われており、そういう洗い方をすると汚れが落ちたとしても肌にキズがついてしまいますし、皮脂も取りすぎてしまっては脳が皮脂不足と判断してしまい、逆に皮脂の過剰分泌を起こす事になり、逆にニキビを増やす結果に繋がる事もあります。

 

洗顔を行う時は泡をよく立ててからゴシゴシと擦り付けずに、指で肌に触れずに泡だけで優しく洗うようにする方が、肌へのダメージが少ないですし、泡でも十分に汚れを落とす事が可能になっています。

 

そして洗顔を行った後は毛穴の汚れが落ちて毛穴に穴が開いた状態になってしまうので、そこに汚れがまたたまらないように引き締め効果の高い化粧水を使ってのケアを行うのが望ましいです。

 

毛穴を引き締める効果もありつつ保湿ケアも出来ますし、ニキビケアにとって汚れ落としと同様に保湿ケアというのは重要になります。

 

保湿を行う事で肌の潤いを保つ事ができ、それが肌のバリア機能にもなりますし、肌の生まれ変わりの為にも水分の生まれ変わりは必要です。

 

そして引き締め効果のある保湿ケアを行う事で毛穴を小さく引き締める効果もありますから、毛穴の悩みを解決する事にも繋がるのでニキビケアでは優しく洗顔をして保湿ケアも行う事でニキビの出来にくい肌を作っていく事が可能になっていきます。