ニキビケアと洗顔料

ニキビケアには爽快感や殺菌作用の強すぎない洗顔料が必要

ニキビとは幾つになっても付きまとってくる大変厄介な症状です。
たとえば思春期ニキビは中高校時代にかけて身体の発育にあわせてホルモンバランスが急激に変化するのを原因に起こるもので、こうやって体内環境の変動にあわせて肌からは大量の皮脂が分泌されることになります。

 

これらの皮脂はそのままにしておくとすぐに毛穴を詰まらせ、そこに古い角質の汚れやその他の細菌などが混入することによって、そこに蓋ができて、アクネ菌が一気に増殖し、その結果としてニキビが生じてしまいます。
大人ニキビになるとこれにストレスや生活習慣、体内環境などの要素が加わって原因も複雑化するので、対処法も更に難しくなってきます。

 

いずれにしてもニキビを予防、撃退するにはニキビケアが欠かせません。まずは自分に合った洗顔料を使用して顔の汚れをキレイに取り除いていくことが求められます。こうした洗顔料を用いてサッパリと清潔に保つことは日常生活の上で気持ちのいい爽快感をもたらします。ただし、顔の汚れを取るためならばどれだけでも強いクレンジング作用を持った洗顔料を使って良いというわけではないので注意も必要です。

 

そもそも皮脂とは顔の表面を適度に潤して保湿し、乾燥状態から守るために分泌されるものです。本来は自分を守ってくれるもの。そんな時に殺菌作用の強過ぎる洗顔料を使ってしまうと、必要不可欠な脂分までもが入念に取り除かれてしまうことになります。そうなってくると顔には乾燥状態がもたらされることとなり、ニキビの元となるアクネ菌がいちばん増殖しやすい肌環境を自ら作り出してしまうのです。

 

それゆえニキビケアには殺菌作用の強すぎない洗顔料を選んだ上で、よく泡立てて手の腹の部分で、決してゴシゴシせずに洗い落とすことが重要です。また日頃からも保湿に務め、携帯用の保湿液やミストなどを活用するとよいでしょう。